上場を経て一流企業を目指すため、 社員一人一人が自発的に考え、 意見を発信していくことが必須です。
上場を経て一流企業を目指すため、社員一人一人が自発的に考え、意見を発信していくことが必須です。
TAKAHASHI YUJI
2013年 中途入社
取締役
ー アズームへ入社したきっかけは何ですか?
・企画営業の求人が目に留まり、単純な営業ではなく幅広い業務ができると思ったこと ・社員が少なく(当時10名程度)、スピード感持ってキャリアアップできるチャンスがある環境 ・ビジネスモデルの安定性 以上3つの理由で入社を決めました。
ー 高橋さんから見たアズームは、どんな会社ですか?
変化し続ける会社です。私が入社した当時と比較しても、2年前と比較しても、全く違う会社のようになっています。その変化が大変な時期もありましたが、成長痛のようなもので、自分にとっては良い変化だったと思います。 変化し続ける会社だからこそ、成長している会社なのだと思います。
ー 高橋さんにとってアズームの社員はどんな存在ですか?
家族、仲間、部下、後輩、ライバル…全ての要素を持っている存在です。 干渉しない時期があったり、とっても仲が良い時期が合ったり、助け合ったり切磋琢磨したりと、気持ち悪くない意味で家族のように思っています(笑)
ー どこにも負けないアズームの〇〇とは?
本質的であろうとするところです。トレンドや定説もあるが、型にはまらずに本質を追求しようという想いがあることが強みだと思います。 代表はじめ経営者には、「全員を主役にしよう!」という想いがあります!
ー 高橋さんが考える、「営業にとって大事なこと」とは何ですか?
「目標達成」です。それに付随するものはたくさんありますが、営業マンはやはり目標達成です。 もちろん、そのために何をしても良いというわけではなく、です。
ー これからどのような会社を目指していきますか?
型にはまらず、みんなが主役。一人一人が生き生きとして働き、自分の頭で考え発信していく会社です。難しいことですが、目指していきたいと思っています。
ー どんな人と一緒に働きたいですか?
「自分の頭で考えて行動できる人」です。そういう人たちでないと、上の人の能力以上の会社にはならないと思います。 スティーブジョブズはいないため、誰かがヒットを生み出せば良いというスタンスです。
ー アズームで働く上で大切にしてほしいことは何ですか?
全てに「なぜ?」という気持ちを持ってほしいです。 会社の行動指針は大切にしていることなので、もちろん覚えてほしいですし感じてほしいですが、「それに沿っていれば良いや」という気持ちにはならないでほしいです。
ー 求職者へ一言お願いします!
自分の想いがある人からすると良い環境だと思います。 学べることは多々ありますし、遊休不動産という社会問題の解決につながるビジネスモデルです。 将来企業したい方、目標がある方にとっては若いうちからチャンスが多く、非常に良い環境です。 また、「今は目指すものがないが、アズームに入社すればそれが持てるのではないか…!」といった気持ちで入ってきてくれても嬉しいです。私もそうでした。 目標はないが、漠然としたやる気がある時ってありますよね。一緒にやりたいことを見つけられますし、やりたいことが見つかった時に一緒にトライできる環境です!

ENTRY

エントリーはこちらから。
あなたのご応募をお待ちしております。