Topics

2021/05/07

【新人賞受賞】右も左もわからない新卒入社の私が、達成率120%の結果を残すまで

誠実さと貪欲な数字への意識が生んだ、圧倒的達成率

第12期上半期に行われた表彰式で、新人賞を受賞したリーシングマネジメント部所属の山村功太郎さん。達成率120%越えの圧倒的な数字を残し、文句なしの受賞でした!数字に貪欲でわからないことは素直に聞ける。周囲から、結果も人柄も大絶賛の山村さんへインタビューしました。(インタビュアー:寺田)

プロフィール

山村 功太郎

リーシングマネジメント部

千葉県出身。大学で経営学を学び、2020年新卒入社。台東エリア、千葉エリアを担当後、2021年4月より中央エリアへ異動。趣味はダーツ、バスケットボール、スノボ。好きなことは、お酒を飲みに行くこと。

この度は、おめでとうございます!受賞されたお気持ちはいかがですか?

まさか、自分が取れるとは思いませんでした。非常に驚きました。新人賞は入社してから一度しかとれない賞なので、その一回を受賞することができ、嬉しいです!

実績につながった要因はなんだと思いますか?

周りの方々のおかげです。新卒入社で右も左もわからない私に、手取り足取り教えてくださいました。メールの文章から提案方法、営業スキルまで、事細かに指導してくださいました。入社1年目は多くのことを吸収した「守」の年でしたので、2年目以降、「破」→「離」と、自分をどんどんアップデートしていきます!

この仕事の面白さ、やりがいはなんですか?

やはり、数字を積めた時はやりがいを感じます。自分の提案にお客様が納得してくださり契約まで進めることが出来たときは、お客様のためになったという実感と、自分の数字に繋がったという喜びが同時に押し寄せモチベーションになります。

一方で、苦労したことや大変だったことはなんですか?

単価が低いエリアを担当していたため、入社当初は単価が高いエリアの方々の数字を見て落ち込むことがありました。やはり単価が高いエリアの数字の方が目立ちますし、劣等感を感じることもありました。しかし、単価が低いのであればその分圧倒的な達成率を残してやろうという気持ちで仕事に取り組むようになり、結果、達成率120%を残すことができました。

普段仕事をする上で、心がけていることは何ですか?

「営業を前面に出さないこと」です。お客様によっては、営業マン相手だと警戒してしまいます。日常会話を多く挟み、営業マンとお客様という関係だけで終わらないよう、信頼関係構築を意識しています。
また、当たり前のことですが即レスは常に心掛けています。

この受賞を今後どのようにつなげたいですか?

良くも悪くもプレッシャーがあります。コンスタントに数字を作り、自分の数字は勿論のこと、チームの数字にもしっかりと貢献していきたいです!

今後の意気込みを教えてください。

中央区のサブマネージャーを目指します!

Entry

エントリーはこちらから。
あなたのご応募をお待ちしております。